ふとんのふんわり感のための「わたの捲縮加工」について

2018年03月01日

オメガ構造繊維

ほとんどの中わた
布団用、あるいはクッション用
枕用の中わたは、捲縮という加工が
なされています。
縮れです。わたは一本の繊維を
ちりちりになるように加工しています。
それによって、わたにかさ高さを
もたらし、空気を含み、ふわふわとした
柔らかさが出せるのです。
ダクロンブランドではΩ加工
といっています。
わたがΩ状に縮れているからです。
ダクロンFRESH 7-hole ファイバーフィルを使った布団は
このオメガ捲縮でかさ高さを出しています。
バイメタル繊維

よく、コンジュ系繊維とか
コンジュゲート繊維(Composite fiber)
と寝具業界ではよく言われます。

捲縮加工は大きく分けるとバイメタル複合と
偏芯芯鞘型複合と言われる2つの方法に
分かれます。言葉でいうと
やたらややこしいのですが下のような形に
なります。
バイメタル複合繊維

バイメタル型は並列型ともいわれていますが
収縮性の違う原料を貼り合わせて、わた自身で
縮むようにする方法です。
誤解を恐れずに書くと、A、Bという原料があって
Aは温度が常温になると5センチ縮む、
一方Bは温度が常温になると10センチ縮む
二つの材料を合わせくっつけると
よく縮む方向に繊維は曲がって
縮れるというわけです。
この二つの材料を貼り合わせるのが
バイメタル型です。
方法は二つの材料を別々のノズルで
一つの円形のノズルに流し込むと
温度が高いときはくっつくので
一つになるというわけです。

もう一つの偏芯芯鞘型複合というのは
バイメタル型よりも捲縮が,かかりにくく
ノズルも複雑な構造になります。
染色性や物理特性を導電性を付与する
場合によく使われるようです。

この二つの特性の異なる材料を
一つの繊維にするためにノズル使い
そこに材料を流し込んで一本の
繊維にしますが、ほとんどのノズルの形は
繊維メーカーが特許を取得しています。

ノズル形状

 上に二例ですが、
上が東レが昭和41年に申請したノズル
下が三菱レイヨンが昭和41年に申請したノズルです。
東レは上とヨコから材料を性質の違う流し込み一体に
する仕組み、三菱レーヨンは上の方に二つのノズルの
注入孔をもうけ,下に排出口をもうける方法です。
その他v字に注入孔をもうける方法もあります。

こうして出来た綿も使い込んでいくと
熱と、圧力によって、捲縮がとれてきます。
縮れが少なくなると反発力がなくなり
空気を含む力がなくなるので
ペチャンコになったり、 空気を含む力がなくなって
寒くなったりします。

 

 

 

アレルギーとアレルゲンについて、研究しています。清潔で、快適な寝室を考えています。

*インテリアコーディネーター、*カラーコーディネーター1級(商品色彩)

*初級睡眠健康指導士、 *福祉住環境コーディネーター2級 *照明コンサルタント

Follow me!

comment

コメント

コメントを残す