ダニを死滅させる、三菱ふとん乾燥機ADX-80-Tについて 2018.07.25

アレルギー対策は、
アレルゲン物質を除去することと
同時に、アレルゲンの元となるダニを死滅させる
ことが重要です。
この二つを同時に行わないと
アレルゲン物質の根本的な対策にはなりません

家庭で行う
ダニを死滅させる方法として
ふとん乾燥機は、時間がかかりますが
とても有効な道具だと思っています。
時間は120分から180分かかります。
毎日する必要はありません。

 

ダニ対策の決定版 ふとん乾燥機

 

ダニ対策の決定版
三菱のふとん乾燥機ADX-80-T
について、書きます。

これからダニ対策で
ふとん乾燥機の購入を考えている方
の参考にとおもっています。

外箱はこんなです。
梱包状態では サイズは 8cmx48cm 高さ35cmです

箱から出すと、これがふとん乾燥機の本体です。
主に使うスイッチは上側の
「ダニパンチ」、と「ふとん乾燥」です。
付属のビニールで布団を包み込み
その中に高温の空気を送り込んで布団を乾燥させます。

このビニールで包み込むというのが重要で
ダニが逃げないようにビニールで包み
高温の空気を送り込んで焼き殺してしまう
という考え方です。

市販されている、もう一つのダニ対策のある
ふとん乾燥機日立のアッとドライHFK-VH770
よりも、手間はかかりますが
ダニはこちらのふとん乾燥機
の方がきちんと死滅できそうです。

別に難しい操作は、いりませんが
私が使ってみた感想では
ビニールで布団を包むのが
すこしわかりづらかったので
解説してみます。

 

付属のオレンジ色のビニールシートでダニを逃がしません

 

オレンジ色したビニールの袋が
ダニが布団の中から外へ逃げるのを防ぎます。
ダニは1時間に50cmくらい
しか動けませんが、表面にいるダニも
ビニールの外へ逃げないように
しかも、布団の奥の温度を上げるのに
効果があります。

ふとんを2枚用意してください
とありますが、これは熱風を吹き込んで
ビニールががふくらむのを
抑え込むためです。
床で使用するのを
前提に考えています。
ベッドの場合はオレンジのビニールが
ベッドからずり落ちてしまう
可能性があります。

毛布やケット類でも
構いません。熱風を吹き込むと
オレンジのビニールは大きく膨らんでしまいます。
図にあるように3か所の裏面の
ファスナーを開けます。

敷布団の上に、掛けふとんを置いて
その上にオレンジのビニールを表を上にして
置きます。

上下のポケットに布団を差し込みます。まず、足元側です。

 

つづいて頭の方

そして、横のビニールを内側に織り込みます。

 

横を内側に織り込んで横からダニが
逃げないようにします。

そうすると、このようになります。

そしてふとん乾燥機のノズルを差し込みます。

 

上からふとんや毛布を掛けてふくらんで
ベッドからずり落ちてしまわないようにします。

「ダニパンチ」ボタンを押します。
シングルサイズは90分コースです。

そして、「スタートボタン」を押します。

 

ふとんをひっくり返して裏側からもダニを攻撃

 

90分経って、片面の乾燥が終わったら
今度は、一度、オレンジのシートを
取り外し、布団を上下ひっくり返して
もう一度ビニールのシートを掛けます。

それからはさっきと同じ手順で上下を差し込み
左右を内側に折り返して
さらに、90分乾燥させます。

下に、全体の流れの図を掲載しておきます。

 

 

アレルギーとアレルゲンについて、研究しています。清潔で、快適な寝室を考えています。

*インテリアコーディネーター、*カラーコーディネーター1級(商品色彩)

*初級睡眠健康指導士、 *福祉住環境コーディネーター2級 *照明コンサルタント

Follow me!

comment

コメント

コメントを残す