ダクロン ナチュラルフィール 中わた 

2019年01月10日

掛け布団用のダクロン綿は大きく分けて、
FRESHシリーズとNATURAL F E ELシリーズがあります。

FRESHシリーズは、合理的に計算された中わたで
抗菌性、中空構造により保温力のアップ、
洗濯しやすい(洗濯してもへたりにくい、乾燥が早い)
などの特徴があります。

NATURAL F EELシリーズは、天然素材の羽毛やシルクに
近いソフトな感触などを化学繊維で作ってみようという
コンセプトで作られた中わたです。
しかも、清潔さや耐久性を兼ね備えた中わたを目指しています。

NATURAL FEELシリーズの綿は
Silk-like fiberfill(シルクライク ファイバーフィル)
Soft-as-cloud fiberfill(ソフト アズ クラウド ファイバーフィル) 
Down-like fiberfill(ダウンライク ファイバーフィル)
の三種類です。

Silk-like fiberfill は絹のような感触のふとん用中わたです。
綿の太さは、シルクより細い.08デニール(シルクが1デニール)
ですが、日本ではほとんど使われていません。

NATURAL FEELシリーズではSoft-as-cloud fiberfill と
Down-like fiberfillの2種類が主に使われています。

Soft-as-cloud(ソフトアズクラウド)という中わたは
太さ2デニール(シルクの2倍の太さ)カット長が64mm
という布団用中綿で、Silk-like fiberfill(シルクライク ファイバーフィル)
より、耐久性に優れ非常に柔らかく、へたりの少ない布団用中わたです。
掛け布団の中わたとして、へたりにくさと柔らかさのバランスがとれた
理想的な布団用中綿です。



Down-like fiberfill(ダウンライク ファイバーフィル)という
中わたは羽毛のような感触を化学繊維で
つくった中わたです。粒状の中わたで、
ポリエステル繊維と言わなければ、羽毛と間違ってしまう
ような感触です。


この中わたを使って掛けふとんをつくるときは
キルティングも羽毛ふとんと同じ立体キルト
で、中に綿を吹き込んで布団にします。

体にもフィットしてとてもやさしい
感触のふとんに仕上がります。

 

 

 

アレルギーとアレルゲンについて、研究しています。清潔で、快適な寝室を考えています。

*インテリアコーディネーター、*カラーコーディネーター1級(商品色彩)

*初級睡眠健康指導士、 *福祉住環境コーディネーター2級 *照明コンサルタント

Follow me!

comment

コメント

コメントを残す