入院して感じた事

2019年09月27日

8 月9日から15日まで大阪国際がセンターに胃がんの手術で入院しました。

ダビンチというロボットを使用して、胃を半分摘出しました。

手術は、順調に進んで、最短で退院しましたが、

肩と腰の痛みに難儀しました。寝たきりの方の辛さをしみじみ感じました。

手術技術の進歩は著しく、強い痛みを感じたり、吐き気などの症状はほとんど感じられずに手術していただきました。

しかし、腰と、肩がとても痛く、大変苦しい日々でした。看護師さんに頼んで、湿布薬を頂き、タオルを折りたたんで、腰のところに当てたりして、何とか日々を過ごしました。

建築して間もない病院で設備も最新鋭です。

看護師さんたちも本当に献身的に看護していただきました。担当の先生も毎日病室に足を運んでいただき、安心して回復に専念できました。

回復期の患者にとって最も大事なのは寝装品だとつくづく感じました。

アレルギーとアレルゲンについて、研究しています。清潔で、快適な寝室を考えています。

*インテリアコーディネーター、*カラーコーディネーター1級(商品色彩)

*初級睡眠健康指導士、 *福祉住環境コーディネーター2級 *照明コンサルタント

Follow me!

comment

コメント

コメントを残す